Samurai World>サムライたちの墓>九州編

秋月種時の墓   福岡県朝倉市秋月


写真は 九州の小京都秋月の城下町の背後の山中に残されている秋月種時の墓と秋月氏の菩提寺跡付近の写真です。 現在は杉林に覆われて、観光客もめったに来ないような山中の中にありますが、戦国時代までの秋月氏の山城の麓という位置だったと思われます。
  江戸時代に黒田氏の分流が現在残されている城下の整備を行うまでは、戦後時代までの山城を中心とする一帯だったと思われます。 種時は秋月氏代14代となっています。 

  秀吉の九州征伐によって、秋月氏は日向の高鍋へと移され、その地で明治維新を迎えます。世界的に有名な上杉鷹山は秋月氏出身です。



関連ページ
近世城郭紀行―高鍋城

inserted by FC2 system