Samurai World>サムライたちの墓>
蒲生氏   鹿児島県蒲生町

蒲生氏のルーツは、宇佐八幡宮の神職であった藤原舜清が1120年に垂水の地に入り、暫らく垂水城を本拠としていて、その後蒲生の地に移ったとされています。蒲生は日本一の大楠で有名ですが、その大楠が鎮座しているところが蒲生八幡神社です。蒲生氏が宇佐八幡神宮を勧請したのも、蒲生氏がもともと宇佐との繋がりの深い一族であることを物語っています。

関連情報
古城紀行―蒲生城
Archives―歴史の景観―蒲生の町並み
inserted by FC2 system