Samurai World>おんなたちの墓>
杉の大方の墓   広島県安芸高田市(旧吉田町)

写真は、猿掛城近くにある《杉の大方》の墓と言い伝えられているものです。
 杉の大方については、毛利元就が母親同然で養育し、少年時代の寂しい境遇を支えてくれたと回想しています。
 杉の大方は、元就の父弘元の側室と考えられている面もありますが、和田恭太郎氏も指摘するように《大方殿》という呼称から、弘元の側室ではなく、正室亡き後の《継室》と考えるほうが妥当と思われます。継室であればこそ、実家−高橋氏−からの財産もあり、元就の財産が家臣に横領された折も、杉の大方の資産で養育することができたと考えられるのです。元就が生母に5歳で死に別れ、杉の大方が実質的な元就の母親となります。
 杉の大方と言い伝えられてきたこの墓は、現在、民家の前の小さな道端に隠れるようにたたずんでいます。NHK大河ドラマとして、毛利元就が放映された直後、この杉の大方の墓には、遠くから訪ねる人も多くいました。若くして先妻の子をわが子のようにして養育する姿は、時を越えて現代の我々に心打つものがあったのでしょう。


inserted by FC2 system