Samurai World>薩摩紀行>


十三塚原



  写真は霧島市溝辺町に残されている十三塚の史跡です。
十三塚の由来は、豊前の宇佐八幡宮と大隅の正八幡宮である鹿児島神宮とのあいだに、八幡神社の正統性が争われ、宇佐から14名の密使が大隅に送られ、鹿児島神宮に火をつけて逃走中、ここ溝辺の地で十三人が斬られ、残り一人だけが豊前に逃げ帰った言い伝えにあります。
 伝説はただこれだけのものに過ぎませんが、この史跡には、二つのポイントがあります。一つは、宇佐八幡宮に対して、大隅の八幡宮との正統性の争いがあったという事実。この事実が示唆するものは、日本全国に広がっている八幡信仰のルーツが、大隅の地にあるのか、宇佐の地にあるのか、一般に考えられているほど、単純ではないということです。
 もう一つのポイントは、この史跡の地名です。十三塚という史跡名です。青森県の十三湊(とさみなと)のルーツは、《じゅうさん》にあり、もともとこの地に十三塚があり、それに由来するという説があります。そしてこの十三塚は熊野信仰と関係があるというものです。それでは、鹿児島神宮の近くに熊野信仰の形跡があるかといえば鹿児島神宮から数キロほど離れたところ、真孝宇都馬場というところに《熊野神社》があります。ここの地名は、《宇都》というところからして、隼人と関係の深い地名であることも推測できます。隼人は熊野信仰との関係もあることが推測できるわけです。そしてその同じ《十三塚》という名が日本の南端と北端にあるというは、単なる偶然でしょうか。

関連情報
薩摩紀行の隼人関係コーナーをご覧下さい。
薩摩紀行―鹿児島の地名は何を意味しているパート2
薩摩紀行―クマソ穴と隼人塚
薩摩紀行―伝承《隼人塚》
薩摩紀行―通称《隼人塚》
古城紀行―姫木城
歴史再発見―大山祇神社と隼人


薩摩紀行/サムライたちの墓/毛利元就紀行/史跡物語/歴史再発見/女たちの墓/
古城紀行/近世城郭紀行/武将と寺院/武将と寺院/教養の系譜/
古代史ノート/神社ノート/Home
 
inserted by FC2 system