Samurai World>薩摩紀行>


西郷隆盛 蘇生の家

島津斉彬の手先として討幕運動の最前線で動いていた西郷隆盛に、大きな転機が訪れる。主君として師として慕っていた島津斉彬の突然の死である。
 天下の趨勢は井伊直弼が大老になるに及んで、急展開し攘夷派の弾圧、いわゆる安政の大獄が荒れ狂う。そのような情勢の中で朝廷と薩摩のニゴシエーターとして暗躍していた京都清水寺成就院の住職であった僧月照の身辺も危なくなる。西郷は月照を薩摩に匿おうとするが、幕府に睨まれる事を恐れる薩摩藩は、西郷を支援するどころか、必死の思いで薩摩に逃げてきた月照に対して、薩摩藩からの追放を決定。国外追放とはすなわち死を意味していた当時、西郷は月照を薩摩に連れてきた自分の責任を感じて、月照を抱いて錦江湾に入水自殺する。1858年11月16日。西郷は海辺にあるこの家で蘇生するが、月照は助からなかった。
 西郷にとってはこの後暫らくは奄美大島などに配流され、雌伏の時を過ごし、南海の静かな島で思索することで、内面的思想的に成熟し、倒幕を推進する中心人物へと成長していくことになります。
関連情報
薩摩紀行―西郷隆盛誕生の地
薩摩紀行―西郷隆盛隠棲の地
薩摩紀行―西郷隆盛の洞窟
薩摩紀行―西郷隆盛の銅像



薩摩紀行/サムライたちの墓/毛利元就紀行/史跡物語/歴史再発見/女たちの墓/
古城紀行/近世城郭紀行/武将と寺院/武将と寺院/教養の系譜/
古代史ノート/神社ノート/Home
 
inserted by FC2 system