Samurai World>薩摩紀行>


西郷隆盛隠棲の地  鹿児島県霧島市




  隼人町日当山に復元されたこの《西郷宿》は、晩年の西郷隆盛が明治政府に失望して、鹿児島に帰郷し散策に日々を過ごしたとき、保養のため逗留していた宿です。隼人町日当山は温泉地として知られていて、1868年戊辰戦争のさなか、郷里鹿児島に帰ったとき、しばしば温泉治療のためにこの地の温泉に逗留していたようです。
 また明治6年のいわゆる《征韓論》に敗れた後中央政府から身を引いて、鹿児島に下野してからは、この日当山温泉、大隈の高隈山などで好きな狩や釣りなど自然な暮らしをしていたようです。
 この宿は、もともとは温泉街の一角にあったものを現在ここに移築復元したものです。 2017年中には この宿も 西郷が好んで湯治場としていた日当山温泉の麓へと再び移築展示される予定になっています。
 


関連情報
薩摩紀行―西郷隆盛蘇生の地
薩摩紀行― 西郷隆盛隠棲の地
薩摩紀行―西郷隆盛の洞窟
薩摩紀行―西郷隆盛が好んだ温泉
薩摩紀行―西郷隆盛の銅像



薩摩紀行/サムライたちの墓/毛利元就紀行/史跡物語/歴史再発見/女たちの墓/
古城紀行/近世城郭紀行/武将と寺院/Archives/教養の系譜/
古代史ノート/神社ノート/Home
 
inserted by FC2 system