Samurai World > 神社ノート





鷹屋神社
 
 鷹屋神社は元々は、史跡案内に記載してあるように、高屋山稜の近くにあったものを、現在の地に移動させたとあります。 高屋山稜は 現在彦火々出見尊の陵として宮内庁管轄下にあります。
 神話の中ではニニギノミコトの三人兄弟の内、長男のホノスソリの命が隼人の祖、次男が彦火々出見尊、三男が火明命となっていて、三男が尾張氏の祖とされています。次男の彦火々出見尊の孫にあたるのが、神武天皇ということになっています。彦火々出見尊を祭ってある神社が鹿児島神宮となります。

  長男がいわゆる海幸彦とされ、次男が山幸彦とされ、海幸山幸の物語のなかで、山幸彦が海幸彦を支配する結末となるのは、隼人族が日本の大和政権の支配下に組み込まれたことを暗示すると言う説もあります。

 気になるのは、高屋山稜の近くに所在していたものをわさわざ引き離してこの地に移転させたのかということです。
 





関連情報
高屋山稜―
鹿児島神宮―
 



inserted by FC2 system