Samurai World > 神社ノート





鵜戸神社

この神社は《ウガヤフキアエズノ尊》を祭ってある神社です。 《ウガヤフキアエズノ尊》の稜墓は近くの吾平山稜となります。

原田常治氏の《日本古代正史》の中で、ここが本来の鵜戸神社であり、宮崎県日南市にある鵜戸神宮の方は、神話のイメージに合わせて、洞窟の中に神社を創作したものと説明されています。 そう言われると、陵がある近くではなく、わさわざ遠く離れた海岸の洞窟との関係よりは、近くの神社の方が、関係性は濃厚だと考えるほうが自然ではないかと思います。

 それでも日南市には、神武天皇の最初の妻とされている吾平津姫の神社があるので、神武系統の血筋と日南地方は無縁というわけでもないと思います。 海人族という観点からみれば、海岸沿いに縁故の地があっても不思議ではないのですが。個人的には、こちらの神社の方が《ウガヤフキアエズノ尊》と関係性は深いと思います。











関連情報
古代史ノート―吾平山稜
神社ノート―吾平津神社

 



inserted by FC2 system