Samurai World>武将と寺院




仏通寺  広島県三原市

仏通寺は、小早川惣領家九代の小早川春平が、一族の結束を固めるために、1397年、当時名僧の誉れの高かった愚中周及を迎えて建立した寺である。
  小早川家は、四代茂平が息子たちに領地を分け与え、沼田小早川惣領家と竹原小早川家に分かれたため、本家と竹原小早川家、さらには周辺に配置した小早川一族が独立していく傾向にあり、南北朝の頃には竹原小早川家は本家を凌ぐほどの勢力をつけていた。
 寺院全体は次の小早川則平の代に完成する。
現存する建物で、建立当時のものは、開山堂と地蔵堂である。
 禅寺として全国的にも有名で、秋の紅葉の季節は特に美しく、多くの観光客で賑わうところとなっている。





関連情報
サムライたちの墓―小早川氏の墓


inserted by FC2 system