Samurai World>武将と寺院




大慈寺  鹿児島県志布志町


 大慈寺は、1340年、玉山和尚が開山したと伝えられています。寺院の墓所にはこの寺で自害した楡井頼仲の墓があります。楡井頼仲という武将については、その出自などについてはよくわかって居ませんが、薩摩大隅地方において肝付兼重とならんで貴重な南朝方武将として一貫して、南朝側に立つ戦った武将です。九州地方では、肝付兼重と肥後の菊池武光が知られていますが、その菊池武光もこの志布志にまで攻め込んできて、大慈寺の楡井頼仲の墓に詣でています。
  楡井頼仲は肝付兼重亡き後、大隅の一角から彗星のように現れ、瞬く間に大隅を席巻する勢いになります。当時は、大隅地方は、島津氏の勢力は及んでおらず、畠山氏の勢力が浸透していた地域であったので、畠山直顕と楡井頼仲との戦いが、京都の足利政権の構図を移し変えて、大隅の地で覇権争いが行われていたということになります。
 しかし結局、楡井頼仲は畠山氏側についた禰寝清有に攻められ、ついに大慈寺にまで追い込まれ、この地で自害して果てます。
 また、この寺から数百メートル離れたところに肝付兼続の墓もありますが、志布志に隠居していた兼続も息子の兼良が島津氏に高山城を落とされ、逃亡するところを拿捕され斬首されたことを聞いて、この地で自害して果てたとも言われています。

 
関連情報
サムライたちの墓―肝付兼続の墓
武将と古刹―即心院跡




inserted by FC2 system