Samurai World>武将と寺院




三滝寺   広島市西区 


三滝寺は、809年弘法大師によって開山された寺である。爾来安芸の守護武田氏や江戸時代の浅野氏の庇護を受けてきた。
 境内に3つの滝があることから三滝寺の命名が由来している。
 三滝寺の本堂は、安芸の守護として甲斐の国から安芸国に下向してたき銀山城主武田氏によって修築されていることから、武田氏の手厚い保護と寄進を受けてきたと思われる。
 現在も日々訪れる人々が多く、特に秋の紅葉の季節は、静寂さと華やかさがミックスして言葉では表現できないような世界を堪能できる。





関連ページ
寺院と神社―福王寺
サムライたちの墓―武田氏信の墓
 
inserted by FC2 system