Samurai World>武将と寺院




高月院  宮崎県佐土原市



写真は 佐土原藩初代当主島津以久のために、二代島津忠興が建立した寺院です。
父以久の号に因んで高月院と称するに至ったと言います。
島津以久については、サムライたちの墓―島津以久をご覧下さい。
島津以久には、薩摩の垂水島津家を継いでいた嫡孫信久と、側室の子三男尭秀房(後の忠興)がいましたが、以久が京都の伏見で急死した後、結局三男尭秀房が佐土原藩の家督を継ぎます。この間には垂水の信久との間に確執があったようです。
廃仏毀釈の影響を受けており、現在は、往時の面影はあまり見られませんが、門構えにわずかな歴史の重みを感じることができます。
 歴代佐土原島津氏の墓所は、この高月院の裏手にあります。


関連情報
サムライたちの墓―島津以久の墓
サムライたちの墓―佐土原島津氏の墓


inserted by FC2 system