Samurai World>武将と寺院




龍泉寺   広島県本郷町


龍泉寺は、小早川氏の支族小泉氏の菩提寺であった。広島県本郷町に所在する。
 小泉氏と小早川氏本流と系図関係については、
元就紀行―小早川氏の家系を参照されたし。
 小早川氏は安芸国でもっとも広範囲に勢力を広げていた一族で、北は現在の広島県豊栄町の乃美氏、南は瀬戸内海の島嶼部の生口氏に至るまで、山間部から瀬戸内方面の島々まで勢力範囲にしていた。
 小泉氏は、そのうち本家の沼田小早川氏の南に位置し,瀬戸内海に望む領域を支配地としていた。
 毛利元就の三男隆景が小早川氏の家督を継ぐと、浦宗勝などとともに主に水軍としと編成されていたようである。
 小早川隆景亡き後は、輝元の毛利家臣団に組み込まれたようだが、何かと毛利家直臣との間にぎくしゃくしたものがあったようで、輝元の長州転封には従わず、そのまま安芸の国に留まり、幕末を迎える。
 現在の広島市西区の旧草津街道筋に所在する小泉酒造がその末裔とされていて、近くには、小泉氏の墓所があって、その一角に毛利水軍の総将であった児玉就方の墓がある。
 児玉就方は、毛利の水軍基地として機能していた草津城の城主であったことから、死後この地に葬られ、近くには児玉就方の菩提寺海蔵寺もある。
 龍泉寺は、現在瀬戸内内海国立公園の中にあり、山頂からの瀬戸内海の展望は絶景である。



小早川一族の寺院、墓所など、瀬戸内海を経済的基盤において発展した豪族らしく、瀬戸内海が見えるよな場所に位置していることが多いような気がします。死んでからも瀬戸内海の風景をみたいという願望が感じられます。
 確かに日本でもっとも美しい海の風景のひとつであることは間違いありません。


関連ページ
古城紀行―広島―草津城
寺院と神社―広島―海蔵寺
 
 
inserted by FC2 system