Samurai World>武将と寺院




西蓮寺   島根県口羽町


西蓮寺は、毛利一族口羽氏ゆかりの名刹である。
 口羽氏は、高橋氏を滅ぼした後、石見の拠点として毛利氏一族の坂氏がこの地に拠点を移して、口羽氏と名乗ったことに始まる。
 西蓮寺は、小早川隆景、吉川元春、福原貞俊と並んで毛利氏四人組として毛利家最高意志決定に参与していた口羽通良が石山本願寺の顕如上人に帰依したことから、開山した寺である。
 毛利輝元の時代になり、当時織田信長に抗していた石山本願寺顕如を支援すべく、毛利水軍を率いて大阪に登った口羽通良が、その支援に対する顕如の感状に対していたく感謝し、三男元通を出家させ、この寺を開山させたと言われている。
 山門は、石見三門のひとつとして数えられている。


関連ページ
毛利元就紀行―毛利氏の家系
 
 
inserted by FC2 system