Samurai World>武将と寺院




大覚寺   山口県阿武町

1566年毛利元就に包囲されていた月山富田城はついに落城。時の尼子氏当主であった尼子義久は、もう知りに降参。元就の温情によって尼子兄弟は毛利氏の領国安芸の地に暫く幽閉されます。
 しかし関が原の戦いで毛利氏が東軍に破れ、徳川家康によって長門周防2カ国に減封されると、尼子兄弟も毛利氏にしたがってこの長門の地に居を定めます。長門と石見の国境にある地で、石見の向こうにはかつての領地である出雲の国が見えてきます。敗者としての哀しみが、この寺にくると一層身にしみるのでした。境内には、尼子義久の墓と位牌堂があります。

関連ページ
サムライたちの墓―中国編―尼子義久の墓
古城紀行―広島―尼子義久兄弟の館跡
 
inserted by FC2 system