SamuraiWorld>古城紀行



鎮海城跡   広島県竹原市



鎮海山城は、能島村上氏の総大将村上武吉によって1585年に築城された城である。1585年豊臣秀吉によって能島から追放された村上氏は小早川隆景を頼って竹原に移る。
 その後各地に拠点を移しながらも毛利氏の長州転封による山口の屋代島に移るまで瀬戸内水軍を代表する村上水軍の居城であった。
 写真は普明閣から眺めた竹原の市街地と鎮海山城跡である。築城当時は、城跡まで瀬戸内の海岸線が広がっていたと考えられている。


関連ページ
サムライたの墓―中国編―村上武吉の墓
サムライたの墓―中国編―村上元吉の墓



inserted by FC2 system