SamuraiWorld>古城紀行



五品嶽(ごほんたけ)城跡   広島県庄原市東城



五品嶽城は、室町初期から戦国時代にかけて備後地方から備中にかけ広く勢力をもっていた宮氏の支流である久代宮氏の六代景友が築城した城である。現在の広島県東城町に所在する。
 久代宮氏は、次の高盛の代に西城に大富山城を築いて移るが、五品嶽城は、関ヶ原の戦いで東軍側についた福島正則の安芸国三支城の一つとして使用される。福島正則の安芸国三支城とは、三次の尾関山、大竹の亀居城、そして東城の五品嶽城である。
 五品嶽城には、正則の腹心長尾隼人が城番として配置される。
 元和の一国一城令による破却される。


関連ページ
古城紀行―広島―大富山城跡
武将と寺院―広島―千手寺
武将と寺院―広島―浄久寺




inserted by FC2 system