SamuraiWorld>古城紀行



日下津城   広島県安芸高田市



日下津(ひげつ)城は、毛利一族である坂氏の居城跡である。坂氏と毛利氏との家系図については毛利氏の家系を参照してください。
坂氏を名乗った最初の武将は、毛利時親の曾孫の 匡時となっているが、この城を本拠としたのは、匡時とその父親衡である。毛利親衡は、毛利時親らと反目し、一族合い争っている。南北朝の争乱では、毛利一族の中で南朝方として戦っている。
この坂氏から広澄が桂城に移動し、桂氏が分かれている。
坂氏は何かと毛利本家とは反目することが多かったようである。1522年には、毛利元就によって攻撃され落城。 しかしその後も坂氏の一族は毛利一族として元就の配下として活躍していく。


関連ページ
毛利元就紀行―毛利氏一門の山城ネットワーク


inserted by FC2 system