SamuraiWorld>古城紀行



桂城跡   広島県安芸高田市



桂城は、毛利一族である桂氏の居城である。
桂氏は、もともとは坂氏であり、広澄がこの城に居城を構えて以来、桂氏となのる。毛利本家と坂氏との系図関係については『毛利氏の系図』をご覧下さい。
 桂広澄は、毛利元就家督相続の際、元就の異母弟の元綱を擁立したため、事前に情報を察知した元就に元綱らとともに襲撃を受け、自害する。その時、息子の桂元澄も責任をとって自害しようとするが、元就に説得され思いとどまり、以後元就の重臣として活躍していく。
 戦国合戦史上に名高い『厳島合戦』の際には、敵将陶晴賢を欺くため、桂元澄は元就の指示に従い陶晴賢と同盟の誓詞を交わして、まんまと陶晴賢を宮島におびき寄せることに成功する。陶晴賢を信じ込ませるのに使用したネタが、先の元就家督相続の時の事件であったという。
 城跡は、福原氏の居城福原城とは川を挟んで対岸の位置に有る。城跡は、現在では木々が植樹してあり、昔の面影はそれほどない。写真は福原城跡から眺めた桂城跡。小高い丘がそうである。城跡近くには桂広澄の墓もある。

 


関連ページ
毛利元就紀行―毛利氏一門の山城ネットワーク
サムライたちの墓―中国編―桂広澄の墓



inserted by FC2 system