SamuraiWorld>古城紀行



長見山城跡   広島県安芸高田市



 長見山城は、毛利氏の譜代家臣の渡辺氏の居城跡である。
 渡辺氏は、毛利元就の家督相続の際、坂氏らとともに元就の異母弟の元綱を擁立しようとして元就に族滅させられる。元就の奇襲を受けた時、たまたま城に不在であった渡辺氏の遺児が落延びて、のち元就に仕えることになる。これが渡辺通である。渡辺通は、元就が大内義隆の尼子征伐に惨敗し、殿(しんがり)をつとめ、山吹城(大森銀山)あたりで敵兵に襲われた時、元就の身代わりになって元就の命を救った武将として語り伝えられている。いまでも渡辺通らの討死の場所が島根県温泉津町にある。
 また長見山城跡近くの民家の裏に、元就らに奇襲され殺された一族の墓と伝えられるものが所在している。これを地元では『渡辺七人塚』と呼んでいる。



関連ページ
毛利元就紀行―毛利氏一門の山城ネットワーク
サムライたちの墓―中国編―渡辺七人塚


inserted by FC2 system