SamuraiWorld>古城紀行



桜尾城跡    広島県廿日市市



桜尾城は、周防国の守護で代々厳島神社神職でもあった藤原氏の居城跡であった。藤原氏は、鎌倉幕府によって安芸を始め西国に下向した関東御家人たちに対する監視役として送り込まれた御家人の一人であった。以後次第に大名化し、安芸の守護武田氏と勢力を争ったが、最後は、大内氏に滅ぼされた。
 その後厳島合戦で勝利した毛利元就の支配下に属し、重臣の桂元澄がしばらく城代を務めた。
 厳島合戦の凱旋はこの城で行われ、敵将陶晴賢の首実検もこの城で行われたと言う。
 その後は、元就の4番目の息子で備中の穂井田氏の養子に入っていた穂井田元清がこの城の城主となる。毛利輝元の防長への転封によってこの城も役目を終えたと思われる。
 城跡は、現在桜尾城公園として市民の憩いの場所として整備されている。
 また近くの藤原氏の菩提寺であった洞雲寺には、藤原氏の墓、厳島合戦で敗戦した陶晴賢の墓、桂元澄夫妻の墓、穂居田元清夫妻の墓と、敵味方を超えて同じ境内の中にたたずんでいる。

関連ページ
寺院と神社―広島―洞雲寺
サムライたちの墓―中国編―穂田元清の墓
サムライたちの墓―中国編―桂元澄の墓



inserted by FC2 system