SamuraiWorld>古城紀行



姫城城跡   鹿児島県霧島市



写真は鹿児島県霧島市のある通称姫木城跡と比定されている山城跡です。720年大隅日向の隼人族が時の朝廷に対して、大隅の国府を襲撃して大反乱を起こします。そのとき、隼人が立て篭もった城とされているものです。姶良カルデラの外輪山を構成する地形的特色をもつ、断崖絶壁の山です。
 朝廷は大伴旅人を将軍とする征伐軍を派遣します。一年余に渡る長期戦に末にやっと隼人の反乱を抑えることができます。
 このときの隼人族の処刑跡の首塚が城から程近い国分重久の田んぼの中にある《隼人塚》ではないかと伝承されてきたものです。隼人駅の近くに整備してある通称《隼人塚》ではありまん。この鎮圧以降、《隼人》の名前は歴史上から事実上消えていくことになるわけです。




関連ページ
薩摩紀行―隼人と熊襲の関係
薩摩紀行―クマソ穴と隼人塚
薩摩紀行―豊後迫と豊後塚
薩摩紀行―伝承隼人塚
薩摩紀行―通称隼人塚


inserted by FC2 system