SamuraiWorld>古城紀行



東福城跡   鹿児島市



東福城は、1053年に藤原純友の子孫である長谷場永純がこの地に築城したのが始まりとされています。

 島津氏とこの城との関わりは、南北朝時代、北朝方にたった島津氏が南朝方の谷山氏、肝付氏などを降ろして、この東福城を攻略し、この城を新たな本拠地として、島津氏と鹿児島との関係が始まります。それまでは、島津氏の本拠地は出水地方の木牟礼城にありました。島津氏第5代島津氏貞久の時代でした。
現在は、石橋公園として整備され、その向かい側の小高い丘が中世の城跡です。



島津氏の戦国末期の本拠地、福昌寺跡方面の眺め

第八代の島津元久の代になると、この海岸線に位置する東福城からさらに現在の市街地内部の清水城に本拠を移します。現在の鹿児島市北部が、元久の時代の城下町でした。

 島津貴久の時代に、清水城から、少し南下した現在の竜王町あたりに、本城(内城)を築き、島津氏の絶頂期を迎えます。写真したが、東福寺城跡から、竜王町を展望したものです。右手の小高い山の麓が福昌寺跡になります。このあたりが、鶴丸城が築かれるまでの間、鹿児島の中心地だった場所です。今でもその町並みの名残は残されています。


東福城跡(多賀山公園)からの桜島眺め


関連ページ
武将と古刹―大竜寺跡
武将と古刹―福昌寺




inserted by FC2 system