Samurai World>薩摩紀行>


篤姫が誕生成長した城下屋敷  鹿児島市大竜町


 
 写真は今和泉家の薩摩屋敷跡です。大竜小学校に西側にあります。現在は個人宅になっています。写真下の西側には、西南戦争戦没者の南州墓地があります。
 現在ではこのあたりは、鹿児島市街地のはずれになっていますが、この地域が戦国時代末期の島津氏の本拠地があったところで、島津氏の本城、菩提寺の福昌寺などがあったところです。鹿児島市の城下町は江戸時代になり、島津家久の時代に鶴丸城を築城し、それを中心に発展していったものです。大竜小学校付近には、現在でも街角のところどころに往時の面影が残されています。鹿児島の城下町の雰囲気を味わうには、現在の鶴丸城一帯にはほとんどなく、むしろ市街地北部の清水町、大竜町、稲荷町池之上町、大竜小学校、玉龍高校界隈を散策することをお勧めします。通称《磯庭園》と併せて観光されると、島津氏の重要拠点つまり視点が、北部へ向いていたことが見えてきます。

関連情報
薩摩紀行―篤姫特集コーナー




薩摩紀行/サムライたちの墓/毛利元就紀行/史跡物語/歴史再発見/女たちの墓/
古城紀行/近世城郭紀行/武将と寺院/武将と寺院/教養の系譜/
古代史ノート/神社ノート/Home
 
inserted by FC2 system