Samurai World > 神社ノート





古宮八幡神社

  古宮八幡神社はこの近くにある香春神社の初期の神社と言われています。香春岳の銅の産出が行われていたのが、この神社の近くで、神社の麓には銅の取引が行われていた場所が残されています。
  新羅から渡来してきた人々が、銅の産出に精を出して時の大和朝廷に供給していたわけです。
 
 香春神社の祭神が第一座が《辛国息長大姫大自命》で第三座が《豊比売命》なのに対して、こちらの古宮八幡神社では、第一座が《豊比咩命》、第二座が神功皇后 第三座が応神天皇となっています。

  一つ気になったのは、神社入口の横に小さな祠があり、こちらは《蛭子》を祀っているとあります。 八幡神社と蛭子神社が関係しているのは、鹿児島県の鹿児島神宮ですが、気になります。 

参考文献
《宇佐八幡宮と古代神鏡の謎》田村圓澄、木村晴彦、桃坂豊共著








関連ページ
神社ノート―香春神社

 



inserted by FC2 system