Samurai World > 神社ノート





潮嶽神社   日南市北郷町
 
 潮嶽神社は隼人の祖と言われている火照命(いわゆる海幸彦)を祀る神社です。
  神社の案内説明パンフによれば、鵜戸神宮、榎原神社と並んで日向三権現として崇拝されてきたとあります。
他に祭神として山幸彦の彦火火出見命と火明命を祀っています。

  戸矢学氏は《ヒルコ 棄てられた謎の神》の中で、この潮嶽神社こそが山幸彦の御陵としています。

  山幸彦と海幸彦は兄弟とされているので、彦火火出見命がともに祀られているのも ある程度合点がいきますが、問題は《火明命》という神です。 
  《消された星信仰》(榎本出雲/近江雅和)のなかで、この《火明命》という神は、大和系の人々が到来する以前に日本に先住民として渡来していた人々の祖神であるとしています。 そして、その人々は、海人族という推論なので、広い意味では 隼人の祖と言われている海幸彦などと同族系統か または同一という可能性もあるのではないかと思います。






関連ページ
神社ノート―鑰島神社
 



inserted by FC2 system