Samurai World > 神社ノート





止上(とがみ)神社

  止上神社と書いて《とがみ神社》と読みます。地元では《とがん神社》と呼ばれています。 境内の案内板では 創建時期は明確ではないとありますが、この神社は、隼人族の鎮魂のための神社であることは明らかだと思います。 宮司の野元氏の話では、720年の隼人の乱鎮圧の際に、降伏した隼人族の幹部33人をこの地で斬首したとのことですが、この神社の近くの田んぼの中に建立されている《隼人塚》は首塚とも呼ばれていて、この神社の由来を物語っているように思います。 こちらの方が正真正銘の《隼人塚》です。

  写真でも確認できるように、入口の左手の小さな祠には、別名隼人命と書いてあるのが確認できますが、これが隼人族を意味していることは明らかで、これがこの神社が元々祀っている神であるのではないでしょうか。

 
背後の山がご神体とされています。








 
 



inserted by FC2 system