Samurai World>薩摩紀行>


通称 隼人塚


  朝廷に従わず、一族挙げての反乱を時の朝廷に挑み、歴史の中から消え去っていった一族として、《隼人》の名は逆説的に記憶の中に刻まれることになります。その《隼人》のシンボリックな史跡として必ず取り上げられるものが、写真の通称《隼人塚》です。現在の鹿児島県霧島市隼人町に所在しています。
 この通称《隼人塚》については、先に掲載した《伝承隼人塚》の記事で説明していますが、この通称《隼人塚》は、正国寺跡の史跡ではないかとされています。
 したがって、隼人一族に直接関わる《隼人塚》は、先に掲載した《伝承隼人塚》のほうが濃厚ということになります。
 史跡を調査していて、おもしろいことは、一端世間の常識になってしまうと、それを修正することがいかに困難であるかということです。しかし同時にそこに歴史の面白さもあるわけですが。
 ところで、《隼人》族のルーツは、1.インドネシア系の民族 2.中国江南地方の民族 あたりが濃厚と考えられています。《隼人》の名前の由来もさまざまで、その敏捷さが隼を髣髴させる、南からの風に因んでいるなど各種あり、現在確定的な説はなし。


関連情報
薩摩紀行―伝承《隼人塚》
薩摩紀行―クマソ穴と隼人塚


薩摩紀行/サムライたちの墓/毛利元就紀行/史跡物語/歴史再発見/女たちの墓/
古城紀行/近世城郭紀行/武将と寺院/武将と寺院/教養の系譜/
古代史ノート/神社ノート/Home
 
inserted by FC2 system