Samurai World>おんなたちの墓>
西姫の墓   鹿児島県加治木町

 写真は島津日新斎(島津忠良)の三女西姫の墓です。加治木島津氏の菩提寺長年寺跡にあります。
 島津忠良は、島津氏中興の武将で、息子の貴久、孫の義久、義弘兄弟の働きで、念願の三州統一を果たします。
 西姫はその島津忠良の三女で、当時の加治木領主であった肝付弾正忠兼盛に嫁ぎ、三郎五郎兼寛を生んだものの、後に島津氏と肝付氏が大隈の覇権をめぐり真っ向から戦うことになり、離別となり、忠良の本拠伊作城に戻り、その地で亡くなります。 後年 母の死を聞いた兼寛は、亡き母のために 萩原寺を建立します。この墓はその地にあったものですが、いつしか長年寺に移し変えられたものです。
 島津氏が肝付氏を破り、薩摩を統一したことで、島津忠良の娘ということで、島津氏ゆかりの墓地に移し変えられたものと考えられます。
 ちなみに、西姫の姉に当たる阿南は、肝付氏本拠の高山城に嫁ぎますが、肝付兼続と島津貴久との戦いが始まり、阿南は肝付氏の人間として高山の地で亡くなります。

関連情報
あんなたちの墓―にし姫の墓その2
武将と古刹−長年寺
おんなたちの墓―阿南の墓
薩摩紀行―島津氏の系図
薩摩紀行―肝付氏の系図
サムライたちの墓―肝付兼盛・兼寛父子の墓
inserted by FC2 system